思い出の中のY

Yちゃん

この間、はじめてYちゃんの夢を見ました。
顔は大人で、心はこどものYちゃんでした。

わたしの方に向かって泣いてました。
このYちゃんはわたしの記憶の中のYちゃんだね。

Yちゃんがいつも遊ぼう遊ぼうって誘ってくれたのに閉じこもりだったわたしは
病気になってからの、しかも苦しくなってからのYちゃんばかり思い出します。
もっと遊んでおけばよかったね。
ストイックも良くないね。


でもね。
このごろやっと楽しそうなYちゃんを思い出すこともできるようになりました。
昼間思い出す時だけどね。
Yちゃんは一生懸命働いて、一生懸命遊んでいたもの。
潔い一生だったと思うよ。
いつも自分のことよりまわりの人のことが優先だったし。
たいしたもんだ、ってみんなで噂してるんだよ。


あぁあ。
天国まではまだまだだね。
待っててね。

                                    まま


f0134541_2202372.jpg

by maafii | 2009-11-14 22:01 | Yへの手紙
<< Yちゃんが笑った 秋の日はつるべ落とし >>