タンポポの種

Yちゃん

Yちゃんの部屋で見つけました。
星野富弘さんのタンポポの絵と詩・・

いつだったか きみたちが
 空をとんでゆくのを見たよ
風に吹かれて ただひとつのものを持って
旅する姿がうれしくてならなかったよ
 人間だってどうしても
 必要なものは
ただひとつ
 私も
余分なものを
 捨てれば
空がとべる
   ような
 気がしたよ



、Yちゃんも、んでちゃった
タンポポの種になって。

忘れないよ。
おじいちゃんと三人で暮らしたこと。
おばあちゃんと、おじいちゃんと、わたしを
陰で支えてくれたこと。

Yちゃんありがとう。
いっぱい我慢させてごめんね。


                  ままより


by maafii | 2017-07-01 11:16 | Yへの手紙
Yちゃんの花 >>